「摂取するカロリーより基礎代謝量が多ければ痩せる」それは誰もが知っている常識です。しかし美味しいものをたくさん食べたい私には難しく、なかなかダイエットできませんでした。

当時はストレスが多く、仕事後に専門学校に通う生活を送っていたので、つい大食いをしては後悔をするという日々でした。

世間にはノンカロリーを謳う食品が多く出回っています。それらをうまく活用できれば摂取するカロリーが抑えられ、痩せるのではないかと考え、ノンカロリー食品ダイエットを実践することにしました。

意外と美味しいノンカロリー食品

このダイエットのメリットは、ノンカロリー食品は意外と美味しいということです。甘いもの好きな私としては、ノンカロリー食品はたいていゼリータイプが多いので、いつも甘いゼリーを食べてお腹を満たすのが、美味しくて楽しくてしかたありませんでした。

味もバラエティに富んでいてマスカットやみかんや桃などがあり、飽きることなく食べられました。飲み物もゼロカロリーの炭酸飲料にして、美味しく続けることができました。

しかもノンカロリー食品には他の栄養素が含まれていることが多く、コラーゲンやビタミンC、ヒアルロン酸、Lカルニチンなど、美容やダイエットの強い味方ばかりで、太らないのに綺麗にもなれるといいことづくめでした。

ノンカロリーは笑顔になるエネルギーもダイエット

ノンカロリー食品ばかり食べている日々を送っていると、いろんな食べ物のカロリーが気になり、スーパーに行ってはカロリーのないものを探して周り、友人たちとの食事では食べられるものがなく、友人たちと疎遠になってしまいました。

周りの人にはダイエットしていると思われたくなくて、ノンカロリー食品を食べている姿が見られたくないので、トイレでこっそり食べたり、ランチタイムで人がいなくなったのを見計らってから食べたりしていました。そんな極度にカロリーのない生活をしていると、身体がだんだん震えてくるようになり、じっとしているのが難しくなりました。

頭もぼーっとしているので、仕事に集中ができず、ミスすることが度々ありました。お腹は満たされるけど、何かが満たされなくて、いつも食べることばかり考えていました。

そんなダイエットしているうちに心身ともに壊してしまい、結局仕事も専門学校も辞めることになってしまいました。

楽しく生きるにはカロリーは大事

ノンカロリー食品はあくまで間食だと考えてください。食事の代用と考えると、カロリーに囚われるようになり、食べる楽しみがなくなってしまいます。友人たちとの会食も思いっきり楽しめないので、だんだん距離ができてきて、寂しい思いをすることがあるかもしれません。

カロリーは生きるエネルギーなので、仕事もプライベートも頑張りたい時に、エネルギーがなければ頑張れません。バランスのとれた食事と、小腹が空いた時にノンカロリー食品で満たすというのが健康的で望ましいのではないかなと思います。

今思えば、エネルギーの足りない生活を送っている時は性格もどんどん暗くなり、自分で決断したり、正しい判断することができなかったように思います。あの時、カロリーにこだわらず、正しい食生活をしていれば仕事も失わずに、専門学校も卒業できていたのかなと思います。

なかなか痩せない場合は運動もしよう

食べないというだけで痩せることは可能ですが、痩せた後にリバウンドという恐怖が待ち構えています。ダイエットに成功してもリバウンドしてしまうと努力した意味がなくなってしまいますし、知人からもリバウンドしたんだと苦笑いされてしまいます。

そこで大事なのが運動をして痩せるということです。人間の体は鍛えることで脂肪が筋肉へと変わり、筋肉になると引き締まった体になります。そのために女性でも使える美容に特化したプロテインを使用することが推奨されています。

女性用の場合、ソイプロテインが配合されておりますしダイエット中の肌荒れなども減るので女性にはおすすめです。

特にジェシカズフォーミュラというプロテインダイエットのアイテムは多くの人が使っているのでいいと思います。糖質もしっかりカットされているのに、プロテインの味があまりしなくてかなり飲みやすいです。

私も今度挑戦しようと思っています。